So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

3月20日 ユニット立ち上げます!!

久しぶりの更新ですが、このたびユニットを立ち上げまして。
『金鶏ボンベ』っていいます。
只今、絶賛稽古中です。

ちょっと分かりにくい会場ですが、当日は門司港駅までお越しいただければ、
そこからはご案内いたします。
皆様、是非お越し下さい。お待ちしています!!

コチラのページからチケット予約できます!!
http://kinkeibombe.blog.so-net.ne.jp/

もちろん私にメール頂いてもだいじょうぶです!!

第一回公演「聞いていい?」
作・演出:木村健二
出演:寺田剛史(飛ぶ劇場)
    内山ナオミ(飛ぶ劇場)
    守田慎之介(演劇関係いすと校舎)
    粟飯原百良(演劇関係いすと校舎)
    橋本隆佑(超人気族)
日時:2013年4月5日(金)19:30開演 4月6日(土)19:30開演
会場:門司港レトロ観光物産館多目的ホール(港ハウス2F)
チケット:前売900円 当日1000円



8月17日 「歯並びのきれいな女の子」観劇@コンカリーニョ

札幌で3年前にリーディング公演で、
2年前にプロデュース公演で出演させて頂いた「歯並びのきれいな女の子」を
今回は観客として見に行きました。

これまで婚約者の実家にやってきた光男という役からしかこの作品を見てなかったんだけど、
で、どうあがいたって光男にとっては婚約者とのこれまでとこれからの物語なんですよ。
だから割りとシンプルに捕らえる事が出来てたんだけど、
その芝居を囲み舞台でしかもちょっと俯瞰で見たら、まあ各々の物語の道筋が複数同時に目に入ってきて
そりゃーもう見るの大変だわ。みんなの話ではあるのだけど、コントラストの強弱がないと
誰の話でもなくなるっちゃいそうな難しい本だなって、コントラスト次第では全然違う芝居にもみえるんだなっとも感じた。印象は大分違ったもんなー。カラッとしてたなー。


6月11日 東北に行ってきました!

いわきアリオスのバックステージツアーの
顔合わせ&稽古の為に東北に行ってきました。
詳細は以下です。

『たんけんアリオス~連続ドラマ「夏の夜の夢」~』
... 作・構成・演出:泊篤志
出演:木村健二 大井川皐月 加瀬昌孝 篠木美香
日時:2012年7月29日(日)
   午前の部 10:00開演
   午後の部 14:00開演
会場:いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
対象:小学3年生~中学3年生とその保護者(小学生は必ず保護者同伴)
定員:各回40名
参加費:無料
お申込・お問い合わせ:アリオスチケットセンター
0246-22-5800(10:00~20:00毎週火曜日定休)
6月23日(土)10時より受付開始!!

3月1日 ゲオで借りた方が安い。

「転々」「ジャージの2人」「武士の家計簿」「第9地区」
「転々」はよかった。無理に物語を転がそうとしない所とかシーンの切り取り方の歪さとか。
「第9地区」はなんか脚本が雑。

2月12日 顔合わせ。

リーディング公演に出ます。
今日はその顔合わせ&稽古に行ってきました。

3月10日@北九州芸術劇場
「キル兄(あん)にゃとU子さん」
【作・演出】大信ペリカン(満塁鳥王一座)
観劇は無料です。

ちょっと珍しい座組みでドキドキです。
しょうめん2.JPG
左から作・演出の大信ペリカンさん、僕、酒瀬川真世さん(che carino!/che carina!)白石萌さん、松野尾亮さん(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)

公演の詳細、チケットの入手方法はコチラから

1月8日 100円って・・・。

旧作レンタル100円って何だ!100円って。
デフレって怖いね。こんなんで観れていいんかな。
借りちゃうけどね100円だし。
「南極料理人」「ていだかんかん」
「南極料理人」すごい良かった。なんか盆栽みたいな映画。
枝振りが小さいで、でも、細かい所までちゃんと大木と一緒で。じっと見ちゃう感じ。
「ていだかんかん」は話は好き。演出は嫌い。

1月8日 ガラパ観劇。

ガラパ「おわせてくれよ。」観た。
久しぶりに隆克の事、思い出した。
ありがとう。

1月5日 明けまして。出演情報。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ちょこっとだけ出ます。日替わりゲスト的な。
@熊本です。
僕が熊本での公演に出ても全く宣伝効果とかないと思うんだけど・・・。
せっかく呼んで頂いたんでそんな事は伝えない方が得なんでそこんトコは黙ってます。
はい。もう遊びに行く感覚でいます。ぶっちゃけ旅行です。
詳細情報ココで見れると思う
僕が出るのは1月21日(土)17時開演です。

12月26日 準新作4本1000円。

一週間のレンタルで4本観るのってなかなか大変。
ジャッキーの「ベストキッド」観ようって借りて、結果それを観れず他の3本を観た。
「毎日かあさん」「川の底からこんにちは」「魔法使いの弟子」
邦画2本は当たり。「毎日かあさん」はもう、ちゃんと泣いた。
「川の底からこんにちは」は前半、ん?これは?ちょっと・・・作為ありすぎじゃない?って感じだったんだけど、
後半急激に面白くなって、やっぱり満島ひかりってすごいなー。って。
「魔法使いの弟子」は、途中ちょっと寝てたんだけど、大体ドラゴンボールだったとおもう・・・。
ニコラス・ケイジの無駄遣い。

12月17日 映画を観るのだ。

先週は、TSUTAYAで借りた「キックアス」「Xメン・ファーストクラス」「ベンジャミンバトン」「英国王のスピーチ」「ブラックスワン」を観た。
僕が見て面白かった順番で並べてるけど、気になってるのはベンジャミンバトン。気にいらない所も腑に落ちない所もいっぱいあるんだけど、「どう生まれてきたか。」って事に重きを置いてない所、いや受け入れ方の潔さみたいなのがすごい残る。シーンのイメージもなんかずっと残るし。いい映画なんだろうな。「英国王のスピーチ」は「太陽」がすごく好きなんでどうしてもそっちの印象に引っ張られちゃって。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。